MENU

宇田川歯科医院は東京都墨田区太平にありますよ

宇田川歯科医院

 

〒130-0012

 

住所
東京都墨田区太平3−4−8

 

ホームページ
墨田区の歯科なら宇田川歯科医院へ

 

 











ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいて頂戴。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまたうれしいですね。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっているのです。



もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くワケにはいきません。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯をキレイにしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大事です。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すワケですから、口の中で何か異変が起きていても、ナカナカ気付きづらくなっています。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしてください。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療しゅうりょう後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあるのです。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと言われるものがあるのです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易といわれています。
数々のインプラント治療の問題点について、色々な情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。


しかし、それは正しくありません。


MRI検査では、磁場に反応して画像が創られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。



インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。重要な確認事項として、インプラント治療を初める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べて頂戴。



特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないで頂戴。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故に繋がる可能性があるのです。



こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリット(メリットばかり考えていると、思わぬ損をすることもあるでしょう)もあります。まず、他の歯科治療とくらべても費用がかかることです。高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟して頂戴。

それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、結構深刻化する危険性も承知しておいて頂戴。障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は結構の痛さを想像してしまうでしょう。


インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を初めるためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

これからインプラント治療をうける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

この治療では、すごく特殊な外科的施術をしなければならないため成功例が可能でるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんな指さいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してちょーだい。


歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてちょーだい。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの所以でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあるのなら普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大聞く骨を削る羽目になります。
それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてちょーだい。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れ立と気づかれることはまずないと思って良いでしょう。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。

残念なことに、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。



確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。
確定申告で医療費控除をうけたい場合、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になる為もらったものはしっかり取っておいて他の医療費と供に、1年分をもれなく保管してちょーだい。インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってちょーだい。
麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針のたて方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており決定的なちがいが出てくると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大聞く左右する治療法だと考えて欲しいのです。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。


言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないということにはなりません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導して貰い、完璧なセルフケアを目指してちょーだい。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じ立とき、かわりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。