MENU

高田馬場駅前デンタルクリニックは東京都新宿区高田馬場にありますよ

高田馬場駅前デンタルクリニック

 

〒169-0075

 

住所
東京都新宿区高田馬場2丁目16-2

 

ホームページ
インプラントは高田馬場駅前デンタルクリニック

 

 










インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプといわれるもの。そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあるんです。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられる訳ですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブホームページの中で説明している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。



歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯つくりの治療です。

ブリッジや入れ歯との根本的なちがいとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であれば結構長く使えます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。



入れ歯や差し歯にかわる技術として注目されているインプラント。その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。
歯科治療で手術をうけたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思って頂戴。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。


麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかも知れませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。



インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、いくつかタイプがあるんですが、基本的にはセラミック製です。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点があるんですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。



患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて造るので、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。これはなぜでしょうか。一つには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨聞きれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。


こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察をうけて頂戴。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。



糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整っ立ところで手術する必要もあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。
もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることは持ちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるので大聞く違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。



どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってちょうどくるのはインプラントです。



外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。



どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。

インプラント治療が難しいとされる最大の訳は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だと言う事です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着指せるので何らかの訳でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。



インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯をつくることだと考えてちょーだい。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全くちがう治療法です。インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使う事ができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用(国民健康保険と厚生年金保険が一般的ですが、それ以外にも船員保険など複数の種類があります)外なので治療にお金がかかることは承知しておいてちょーだい。



技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。



人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。沿うした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。


インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にか変らず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラントならば、他の人工歯とくらべても噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に造られていることはいうまでもありません。どんなガムでも、持ちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続いてしまったらいった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまっ立という見た目の問題が起きる可能性もあります。リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。



最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどうちがうのか見てみましょう。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。



当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。
一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着指せ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を捜し出すかです。治療に必要な技術を身につけていることは持ちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまですべて歯科医の腕に任されているので大聴く違ってくると言うべきです。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してちょーだい。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることを心がけてちょーだい。