MENU

大堀デンタルクリニックは東京都豊島区目白にありますよ

大堀デンタルクリニック

 

〒171-0031

 

住所
東京都豊島区目白3丁目13-5

 

ホームページ
失敗しないインプラント 大堀デンタルクリニック目白

 

 











新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。



ですが、留意すべき点もあるのです。何かと言うと、インプラント治療をうけられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてちょうだい。どういう方が治療をうけられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。



歯科治療の現場は日々進化をつづけています。

最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、ご飯の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる調子の悪さが報告されています。



これは担当歯科医の技量の低さに起因することが多いといえます。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療をうけるようにしましょう。

入れ歯や差し歯に変る技術として注目されているインプラント。
その義歯には、さまざまな形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大聞く歯を削った場合でも、歯根部を支えとしてのこすことができれば上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、なくなった歯根のかわりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。ただし、問題なく医療費控除をうけられます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスをうけられます。



確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてちょうだい。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療をうけてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになるのです。院内感染防止の対策をサイト内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのもよいでしょう。重要な確認事項として、インプラント治療を初める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてちょうだい。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。さらに、美容整形をうけてあごの骨を削った患者さんも治療にすごくの危険が伴います。もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができない訳ではないため歯科医とよく話し合うことを心がけてください。



インプラント治療を願望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の願望がある場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになるのです。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働聞かける治療と言えます。両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

インプラント治療を初める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに相当な開きがあります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみてよいでしょう。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することが出来ます。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。


この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっているのです。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削っ立ところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

他の歯科治療と同じように、インプラントにもイロイロな点で、失敗が起きる可能性があります。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選んでください。せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、その通りで良いというりゆうにはいかず、アフターケアが寿命を決定します。食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にか換らず、歯科医の定期検診をうけることが欠かせません。インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使いわけられます。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。


インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがおもったよりマイナスに作用します。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、頑張って禁煙に励みましょう。
これからインプラント治療をうける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため数多くの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてちょーだい。
また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、イロイロな事情から、他の治療がうけられない患者さんに最適な治療方法になります。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯ではうまく噛めないなどで必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってちょーだい。



日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてちょーだい。血行が促進され、出血がつづく畏れもあるためです。

日常的に運動をつづけている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてちょーだい。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。

安くできるケースで十数万円、難しい治療をうけるケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうかしることが大事です。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでちょーだい。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。


ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。


まずは歯科医にすべて話しておきましょう。