MENU

オーラルビューティークリニックは東京都港区白金にありますよ

オーラルビューティークリニック

 

〒108-0072

 

住所
東京都港区白金1-14-4 コートモデリア白金B1F

 

ホームページ
白金でインプラント オーラルビューティクリニック

 

 












現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。
沿うなる理由として、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨聴きれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。



そのようなケースでは、放っておかずに診察をうけて下さい。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

持ちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行ない、治療適用が妥当となっ立ところで初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療をうけられます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方も割といるようです。それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
費用すべてを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。



実際のところ現状では確実な説はありません。
治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つとされています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけないのです。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗し立とき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジとちがい、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。



それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、すべての人に治療している所以ではなく検査の段階で断られることもあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べて下さい。


入れ歯や差し歯に変る技術として注目されているインプラント。


その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことが出来ます。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必要不可欠といっても過言ではないんです。


高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故に繋がる可能性があります。今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談して下さい。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れることを頑張ってみましょう。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。



第一に、費用は他の歯科治療より高額です。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。



入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのだそうです。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯をキレイに形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのだそうです。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのだそうです。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、従来の金歯よりも高額になるのだそうです。


歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。



麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


誰でもインプラント治療ができるワケではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても結構費用がちがうことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。

人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのだそうです。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。



骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。



他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特徴が異なります。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いワケはなく、不断のケアがもとめられます。



毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。


現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い初めてから、以前とくらべて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのだそうです。ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診て貰いましょう。