MENU

浅草KT歯科は東京都台東区浅草にありますよ

浅草KT歯科

 

〒111-0032

 

住所
東京都台東区浅草1-25-15 浅草ROX5F

 

ホームページ
インプラント治療なら「浅草KT歯科」へ

 

 













義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診て貰う必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでちょうだい。しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡する事が治療を成功させるために必要です。
誰でもインプラント治療ができる理由ではありません。
その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用されることはごくまれで、当然のようにすべて自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。



また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。理由は様々なのですが、要望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。



ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっているのです。


あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして捜すことを勧めます。人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。


インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで大聞く歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。


これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するといったインプラント治療が候補となります。

年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

沿うした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因する事が多いといえます。



技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにして下さい。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選択するときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブホームページの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。

一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければならないのです。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。



あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成といった段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、多様なケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてちょうだい。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないといった点です。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないというケースです。
たとえば、ブリッジ治療を行う為には義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えるかもしれません。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金というアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。

ほとんどのインプラント治療は保険が聴かず、ほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。「インプラントとクラウンのちがいは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的なちがいとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてちょーだい。
誰でもインプラント治療ができるりゆうではありません。
その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。
差し歯とインプラントはどうちがうのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を創れるのが、インプラントの利点なのです。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてちょーだい。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。



また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまで持つづきます。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかも知れません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。


いろんな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。
実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、三十万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてちょーだい。