MENU

山手歯科クリニックは東京都品川区東大井にありますよ

山手歯科クリニック

 

〒140-0011

 

住所
東京都品川区東大井5−25−1 カーサ大井町1F

 

ホームページ
インプラント治療なら「山手歯科クリニック」へ

 

 













インプラント治療はとってもの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの所以で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまっ立という審美的な問題が起こることもあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにして下さい。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

持ちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。



治療を初める前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療をうけてどうだったか、その評判です。
高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
歯科治療はすべて同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するために不断のケアがもとめられます。毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察して貰う必要はずっとつづきます。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起してしまうことになります。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行ない、治療方針を決めてから治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
治療が終わっ立ところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になるのです。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療とくらべても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、普通は治療のすべてが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいて下さい。インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。
まず、他の歯科治療とくらべても費用がかかることです。



高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。
また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいて下さい。


障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるはずです。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。一見し立ところ、自分の歯と同じくらいとっても自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。



最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりをさします。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。


ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟して下さい。
インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べ立と思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部の核磁気共鳴画像法検査はできなくなるという問題ありませんでしたか。



しかし、それは正しくありません。
核磁気共鳴画像法検査とは、身体に磁気を当てて画像を造ることです。

金属があれば、そこは乱れて映ります。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。

検査には問題ないのです。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見うけます。


しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療をうけようとすればどこの国までも治療をうけに行くという事も考慮していきましょう。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療をうけることで早めの対応をしていきましょう。インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。


抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。



入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。
入れ歯にくらべ、インプラントでは噛み心地は貴方の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
ブリッジや入れ歯にくらべ、インプラントでは噛んだ感じが貴方の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。



両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をすることなしで、安心してガムを噛めます。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。
持ちろん、キシリトールガムも大丈夫です。インプラント治療を初める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうかしることが大切です。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。さらに、美容整形をうけてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。
こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。

きちんと歯科医に相談することが大切です。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、すべてが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類(素人には全く意味がわからないことも少なくないでしょう)があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。



インプラント治療を検討している方、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかは持ちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので大聞く違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大聞く左右する治療法だと考えて欲しいのです。



良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くないでしょうけど、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせない理由で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまで持つづきます。


ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かも知れません。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察をうけましょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も各種の点で、失敗が起きる可能性があります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めて頂戴。